お試し期間で、楽しかったかどうか

講師や周りの生徒との相性を確認

塾の中には誰でも申し込めば入塾できるところがあり、個人経営のところや小規模で運営される塾に多いかも知れません。学校の授業についていけていないのであれば、ゆったり勉強を教えてくれる規模の小さい塾の利用を検討しましょう。このときいきなり入塾の手続きをするのではなく、入塾前に必ず体験授業や短期の講習会などを利用しておきましょう。初めての環境が自分に合わないと、せっかくいい授業を行ってくれてもその子にとっては合わないので楽しいと思えないでしょう。体験授業などを受けていれば講師や周りの生徒の様子がわかります。体験授業を受けさせた後に子供から本音を聞き出し、笑顔で授業の様子や講師の話をしているようであれば入塾させても良いかも知れません。

自分で勉強する気にさせてくれるか

勉強をあまり好きでないと思っている子がいて、その状態だと学校で授業を受けても身につきませんしどんどん学力も落ちるでしょう。勉強が好きでない理由は子供によって違うでしょうが、授業の内容がわからないために面白さを感じれずだんだん好きでなくなるケースがあるようです。自分の子供があまり勉強が好きそうでないなら、ゆったり勉強を教えてくれる塾を選んでみましょう。いくつかの塾があるならそれぞれの体験授業を受けてみて、その中から子供に合いそうなところを選びます。体験授業を受けた後の子供の様子として自分から問題集を解いたり本を読むようになれば勉強の楽しさがわかった証拠です。勉強の楽しさを教えてくれ、自分で勉強する気にさせてくれる塾を選びましょう。